ルーズヴェルト・ゲームの工藤阿須加くんが気になって・・・

最近TBSのドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」の工藤阿須加くんが気になって仕方有りません。

このドラマは、「半沢直樹」の作者、池井戸潤さんが原作です。
倒産寸前にまで追いつめられた「青島製作所」。
その会社の廃部に追い込まれそうな社会人野球部門のメンバーの一人
を演じるのが「沖原和也」を演じるのが工藤阿須加です。

まじめそうでちょっと不器用な沖原の役が彼にピッタリはまってます。

ドラマが始まってから知ったのですが、彼は元プロ野球選手の工藤公康さんの息子さんだそうです。
どうりで、綺麗なピッチングフォームをしていると思いきや、
ずっとテニスをしていて野球をしたことがほとんどなかったんですって。
とてもそうとは思えないんですけどね!

長身で小顔のイケメン、というだけでも惹かれるのに、彼が演じる「沖原」のイメージと
重なってしまい、毎回、応援してしまいます。

調べてみたら、工藤君、色々なドラマに出ているのですね!
今後も活躍しそうな若手俳優さんの一人だと思います。

Comments are closed.